投資

ドル円急落:7月24日

投稿日:

米中対立激化が背景。106.65、106のレジスタンスを共にブレイク。MarkitのPMIは製造業・サービス業ともに予想を下回る。止め材料がなかった。。。sトップ置いてなくて傷んでいる人多数と推察。

はい、報復の応酬です。

ユーロドルもドル安でユーロ上昇し、ボリンジャー2σラインの上限に再度ヒット。こちらは欧州でもコロナの影響が再注目されていることから一方通行で上昇は難しいと思う。


FX・サラリーマン投資家ランキング

-投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月22日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米株は上昇後、経済対策への期待後退で戻す展開2 金利は相変わらず小動き3 ドル円はレンジ圏4 復興基金成立でユーロ高5 ポン …

20年8月2日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト1.1 株高1.2 金利は低下1.3 原油は下落、金は続伸2 来週のカタリスト3 コロナに思う 先週のカタリスト …

20年8月30日時点の外債・為替ビュー

先週はジャクソンホールや安倍首相辞任など大きなイベントがありました。先週の振り返りと、今週の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 株式市場は上昇2 米金利は乱高下3 安倍首相辞任 …

20年6月22日:DayBack

22日のS&P500は上昇したものの小幅上昇。寧ろ、Amazonやアドビのようなテック関連が上昇し、ナスダックは7営業日連続上昇。 出所:TradingViewより作成ローソク足:S& …

20年6月12日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米FOMC:0%~0.25%金利を維持。市場は、ドットチャート(12月以来)で21年までFOMC参加者の利上げ予想は皆無、22年も2名のみ利上げ予 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒