投資

どう受け取るパウエル議長発言

投稿日:2020年6月18日 更新日:

前議長のイエレンは原稿棒読み人間だったが、パウエルさんも自分の軸がはっきりしない。

 昨日15日は、SMCCF(セカンダリーマーケット・コーポレートクレジットファシリティ)での米企業(外国企業の米国現法も含む可能性)の社債買い取り開始が好感され、社債スプレッドは軒並みタイトニング。16日は、購入額自体が増えるわけではないとのパウエル議長の発言が市場の解釈を混乱させる。
 また、16日は景気が上向くまでゼロ金利を維持すると表明し、17日は米国でのマイナス金利は適切とは見ていない、イールドカーブコントロール(YCC)の採用は決定していないと発言。

目下、パウエルは市場の反応を見ながらワーディングを変えていそう。昨日のスプレッドの潰れかたを見て、行き過ぎたとおもったか。。。金利は上げることも下げることも難しいだろう。彼の下では現状維持⇒Behind the Curve(市場金利が政策金利に先行して動く催促相場が続くこと)になるだろうな。


FX・サラリーマン投資家ランキング

-投資
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年6月30日:DayBack

アメリカの6月の消費者信頼感指数が市場の予想を大きく上回り、買いが広がる。S&P500は1.5%上昇。 ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数出所:TradingViewより作 …

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:6月29日~7月3日

【中国】28日、5月工業利益は前年同期比+6%と前回迄のマイナス成長から回復。SOE(公営企業)経由での経済再開は進んでいる模様。30日、国家統計局が発表した製造業・非製造業購買担当者指数は市場予想を …

20年7月18日:米国株債券・為替・商品市場

7月17日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 株式市場は期待感で買い戻しの動き2 債券は米国時間に株高を見ながら売られる展開3 ドル円:米株高⇒ …

20年6月18日:DayBack

米株は、昨日頭打ち。ダウ平均は小幅安、ナスダックは小幅高。新型コロナウイルス感染拡大の第2波に対する懸念の高まりが広がる中、6月13日終了週の新規失業保険申請件数が高止まりした一方、フィラデルフィア連 …

20年6月12日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米FOMC:0%~0.25%金利を維持。市場は、ドットチャート(12月以来)で21年までFOMC参加者の利上げ予想は皆無、22年も2名のみ利上げ予 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒