投資

20年6月18日:DayBack

投稿日:2020年6月19日 更新日:

米株は、昨日頭打ち。ダウ平均は小幅安、ナスダックは小幅高。新型コロナウイルス感染拡大の第2波に対する懸念の高まりが広がる中、6月13日終了週の新規失業保険申請件数が高止まりした一方、フィラデルフィア連銀景況観指数は大幅に回復。

出所:TradingViewより作成
ローソク足:S&P500 (3分)、青線:VIX指数

VIX(S&P500のボラティリティ指数)もやや戻していたことも、小動きだったことを示唆。ただ、投資家は株価水準が充分戻したので、この辺りでポジションを削減し始めている可能性も。

 債券市場は、コロナ第2波懸念を受け、ブルフラット化(30年5bps、10年3bps、5年1bpの低下幅)。弱い新規失業保険申請件数も金利低下をサポート、テキサスで入院者数増加継続との報道もあり、超長期が買われる展開。明朝にはやや戻し売りもでた模様だが、前日からは低下したまま。

出所:TradingViewより作成
青線:米国債5年利回り、赤線:米国債10年利回り、オレンジ線:米国債30年利回り

原油は上昇。OPECプラスは、同日開催されたOPECプラスの共同閣僚監視委員会(JMMC)でイラク減産目標未達分の穴埋め方法などで最終合意したと報道。供給削減は、価格サポート材料。コロナ第2波が来ても、経済活動を一定程度維持できるならば、価格の急落は今後避けられるのではないでしょうか。

出所:TradingViewより作成
WTI原油価格推移

まとめると、昨日はコロナ第2波懸念を警戒する債券市場では、金利ブルフラット化したものの、株価は小動きに止まる。原油はOPECプラス関連報道を受け、上昇。市場によって動きがまちまちな一日となった。


債券ランキング

-投資
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:7月6日~7月10日

【中国】9日、6月の生産者物価指数は事前予想よりもマイナス幅は小さく前年同期比▲3.0%減、消費者物価指数は市場予想通り同+2.5%。国家統計局は発表資料で、PPIの低下率の縮小について、「国際商品価 …

20年7月3日:DayBack

お名前.com 米株・米債は、アメリカは独立記念日で休場。 米国休みなので、為替は小動き。5分足でもこんな動きだった。クロスで拾ってトレードするぐらいですかね、日中は。 ローソク足:ドル円出所:Tra …

20年6月19日:DayBack

S&P500は、中国が第1段階の貿易合意履行のため米国産農産物の購入を加速との報道を受けて上昇して始まったものの、Appleでいくつかの州の店舗を閉鎖(4州11店舗)するとの発表を受け、資本財 …

20年7月13日:DayBack

米株式市場は軟調となり、S&P500は前日比▲0.9%減。コロナウイルスワクチン開発報道を受け上昇したのち、利益確定売りに押されて戻す展開。トランプ政権が中国の南シナ海での行動を不法と非難した …

ドル円急落:7月24日

米中対立激化が背景。106.65、106のレジスタンスを共にブレイク。MarkitのPMIは製造業・サービス業ともに予想を下回る。止め材料がなかった。。。sトップ置いてなくて傷んでいる人多数と推察。 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒