投資

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:7月27日~7月31日

投稿日:

【中国】27日、6月の工業利益は前年比+1.5%と堅調。31日の製造業購買担当者指数も市場予想を上回り、足許の景況感は悪くない。インターバンク市場への流動性供給も償還見合いで(ちゃんと)行っていることは少し安心材料であるが、コロナ対応債発行時に特定年限に寄り過ぎたことなどを考えると、今後も国債カーブが供給計画によって歪む可能性は留意。
【香港】貿易赤字幅は予想を上回り、6月小売売上高も前年同期比▲24.8%と市場予想を下回る水準と、政治不安、米中対立の板挟み、コロナによる世界貿易停滞と良い所無。
【韓国】31日発表の鉱工業生産指数は市場予想を上回り前年同期比▲0.5%に止まる。8月の景況判断も前月から改善。8月4日に徴用工のデットラインが来るので、とても安心できる状況にはない。
【マレーシア】 28日、貿易収支の黒字幅は市場予想を上回る水準。
【タイ】6月の貿易黒字幅は前月から縮小したものの輸入の減少に伴い堅調。つまり、7月軟調だったバーツには大きなサポート要因となる。タイ中央銀行は、バーツ高牽制を行う可能性もあるが、為替を調整したところで(バーツ安となった所で)輸出業者をサポートできるかと言えば、限定的であう。

今週は、中国の財新購買者担当者指数・貿易収支、香港の外貨準備高、インドネシアのインフレ率・4‐6月期の実質経済成長率、インドの政策金利、マレーシアの鉱工業生産指数、フィリピンの海外送金額・インフレ率・4‐6月期の実質経済成長率、シンガポールの小売売上高・購買部景気指数、韓国の徴用工関連の差し押さえ問題・インフレ率・経常収支、タイの製造業購買担当者指数・インフレ率・政策金利と経済指標がたくさん出てくる。中国の経済指標は良好な結果を予想するもほかの国はさえず。インドネシアは、エマージング債売りの季節性を最も受ける国であると考える、また、韓国は徴用工判決通りの対日強硬策(現金化)に出た場合は、経済的・軍事的対立激化に繋がり(その場合は日本での敵地攻撃能力の肯定に拍車がかかるだろう)、両国関係は敵対関係に変貌するとの連想から、日本のみならず、周辺国からも売られるものと考える(個人的感情抜きで)。

アジア債券・為替は全般的に軟調を予想(中国・シンガポール・タイは比較的堅調を予想)。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月17日:米国株債券・為替・商品市場

7月16日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 業績ガイドライン悪化⇒株軟調2 金利は小幅に低下⇒ここ最近材料あっても金利上がりずらい3 ドル円は …

FX初心者が負ける確率を下げるための分析や管理方法

FX関連の情報を見ていると、とても危なっかしい情報にあふれています。大手の機関投資家では取り得ないようなリスク量でシステムシグナルに基づき盲目的に売買をするもの、定性判断も使っているがYoutubeな …

20年6月18日:DayBack

米株は、昨日頭打ち。ダウ平均は小幅安、ナスダックは小幅高。新型コロナウイルス感染拡大の第2波に対する懸念の高まりが広がる中、6月13日終了週の新規失業保険申請件数が高止まりした一方、フィラデルフィア連 …

20年7月13日:DayBack

米株式市場は軟調となり、S&P500は前日比▲0.9%減。コロナウイルスワクチン開発報道を受け上昇したのち、利益確定売りに押されて戻す展開。トランプ政権が中国の南シナ海での行動を不法と非難した …

20年7月25日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米中対立が材料視され米株は下落2 金利は来週のFOMCを控え小動き3 米中対立材料視で、為替は久々に大きな値動き3.1 ドル …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒