投資

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:7月27日~7月31日

投稿日:

【中国】27日、6月の工業利益は前年比+1.5%と堅調。31日の製造業購買担当者指数も市場予想を上回り、足許の景況感は悪くない。インターバンク市場への流動性供給も償還見合いで(ちゃんと)行っていることは少し安心材料であるが、コロナ対応債発行時に特定年限に寄り過ぎたことなどを考えると、今後も国債カーブが供給計画によって歪む可能性は留意。
【香港】貿易赤字幅は予想を上回り、6月小売売上高も前年同期比▲24.8%と市場予想を下回る水準と、政治不安、米中対立の板挟み、コロナによる世界貿易停滞と良い所無。
【韓国】31日発表の鉱工業生産指数は市場予想を上回り前年同期比▲0.5%に止まる。8月の景況判断も前月から改善。8月4日に徴用工のデットラインが来るので、とても安心できる状況にはない。
【マレーシア】 28日、貿易収支の黒字幅は市場予想を上回る水準。
【タイ】6月の貿易黒字幅は前月から縮小したものの輸入の減少に伴い堅調。つまり、7月軟調だったバーツには大きなサポート要因となる。タイ中央銀行は、バーツ高牽制を行う可能性もあるが、為替を調整したところで(バーツ安となった所で)輸出業者をサポートできるかと言えば、限定的であう。

今週は、中国の財新購買者担当者指数・貿易収支、香港の外貨準備高、インドネシアのインフレ率・4‐6月期の実質経済成長率、インドの政策金利、マレーシアの鉱工業生産指数、フィリピンの海外送金額・インフレ率・4‐6月期の実質経済成長率、シンガポールの小売売上高・購買部景気指数、韓国の徴用工関連の差し押さえ問題・インフレ率・経常収支、タイの製造業購買担当者指数・インフレ率・政策金利と経済指標がたくさん出てくる。中国の経済指標は良好な結果を予想するもほかの国はさえず。インドネシアは、エマージング債売りの季節性を最も受ける国であると考える、また、韓国は徴用工判決通りの対日強硬策(現金化)に出た場合は、経済的・軍事的対立激化に繋がり(その場合は日本での敵地攻撃能力の肯定に拍車がかかるだろう)、両国関係は敵対関係に変貌するとの連想から、日本のみならず、周辺国からも売られるものと考える(個人的感情抜きで)。

アジア債券・為替は全般的に軟調を予想(中国・シンガポール・タイは比較的堅調を予想)。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

原油価格がマイナス?20年4月に起きたことを振り返る重要性

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか? Contents1 マイナスとなったのは、原油価格ではなく、原油先物価格2 価格決定要素:今回は在庫が重要3 アメリカの場合:生産は国内⇒輸送はパ …

20年6月30日:DayBack

アメリカの6月の消費者信頼感指数が市場の予想を大きく上回り、買いが広がる。S&P500は1.5%上昇。 ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数出所:TradingViewより作 …

20年6月29日:DayBack

5月の中古住宅販売仮件数が市場予想を大幅に上回り、ボーイングの737MAX飛行テスト開始を受けて株価は上昇し、S&P500は+2.4%。マイクロンも売り上げ見通しが市場予想を上回り株高顕著。 …

20年7月19日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト2 来週のカタリスト3 米金利はレンジ推移しているが、来週は企業業績に注目4 欧州コア国金利は欧州復興基金ネタ待 …

20年7月26日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト2 来週のカタリスト3 来週の米株は軟調推移を予想4 米金利はレンジ推移しているが、来週はFOMCに注目5 ドル …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒