投資

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:7月6日~7月10日

投稿日:

【中国】9日、6月の生産者物価指数は事前予想よりもマイナス幅は小さく前年同期比▲3.0%減、消費者物価指数は市場予想通り同+2.5%。国家統計局は発表資料で、PPIの低下率の縮小について、「国際商品価格が持ち直し、国内製造業が着実に回復、市場の需要が引き続き改善した」 と説明。消費者物価は食料品価格の上昇がけん引しており、それを除くと定位の伸び。6月の中国経済全体のファイナンス規模は企業向け融資を増やすよう促していた措置が奏功し、6月に拡大。
【韓国】7日発表した5月の経常収支は22億9000万ドルの黒字と前月の赤字から回復したが、前年同期比の半分の水準。
【マレーシア】 7日、中央銀行は政策金利の0.25%ポイント引下げを決定。声明で、「景気回復ペースを加速させるための追加刺激策」だと利下げを説明。追加利下げの可能性も残した格好。5月の鉱工業生産指数は市場予想を上回ったものの前年同期比▲22.1%減。
【フィリピン】6月の消費者物価指数は市場予想を上回り+2.5%。輸送・アルコール飲料が上昇をけん引。5月の輸出額・輸入額ともに市場予想を上回ったものの、貿易赤字幅は輸出の減少が響き市場予想を上回る水準。

今週は、中国の貿易収支・第2四半期の実質経済成長率・小売売上高・固定資産投資額・日々のインターバンク市場への流動性供給量、インドネシアの政策金利・貿易収支、インドの消費者物価指数・貿易収支、フィリピンの海外送金額、シンガポールの4‐6月期のGDP速報値に注目。中国の経済指標は良好な結果を予想するもほかの国はさえず。インドネシアもこれ以上の利下げに意味があるのか疑問であり、中央銀行による国債買い入れも規模を拡大するとソブリンクレジットにはネガティブ。アジア通貨(対米ドル)は人民元以外は軟調を予想。

お名前.com

【債券】インドネシアが政策金利を下げない場合、半数が0.25%ポイントの下げを予想しているので、短期中心に債券は売られると予想。インフレが予想を上回っているフィリピンも金利は上昇しやすいと考える。マレーシアは横ばい。シンガポール・韓国・タイは米債に連動すると予想する。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村

-投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

米国雇用統計の見方

お名前.com Contents1 雇用統計構成の2つの調査2 非農業部門雇用者数2.1 非農業部門雇用者数の中身の見方2.2 雇用面から個人消費の動向を考える2.3 労働市場全体の先行指標としてのサ …

20年7月6日:DayBack

中国本土株は6%程度の上昇(5日連続)となり、周辺アジア国の株式市場も上昇。PBOC(中国人民銀行)が資金吸収を行っている下での上昇はどれほど継続するか疑問ではある。中国国債10年も3%まで上昇し、1 …

ドル円急落:7月24日

米中対立激化が背景。106.65、106のレジスタンスを共にブレイク。MarkitのPMIは製造業・サービス業ともに予想を下回る。止め材料がなかった。。。sトップ置いてなくて傷んでいる人多数と推察。 …

20年7月19日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト2 来週のカタリスト3 米金利はレンジ推移しているが、来週は企業業績に注目4 欧州コア国金利は欧州復興基金ネタ待 …

20年7月8日:DayBack

S&P500は前日比+0.8%上昇。テクノロジー株を中心に物色買いの展開となり、ナスダックは最高値を更新。英国が香港ドルペッグ制に打撃を与えることを望んでいるとの報道やフロリダ州でコロナ拡大の …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒