投資

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:6月15日~19日

投稿日:2020年6月21日 更新日:

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

中国:15日の5月鉱工業生産指数は前年同期比+4.4%増、前月から更に改善し持直し継続。5月の小売売上高は前年同期比▲2.8%と市場予想を下回るも下落幅は前月から縮小。香港の統制をさらに強化する「香港国家安全維持法案」が、早ければ28~30日に北京で開かれる全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会で可決される見通し。経済指標の持ち直しやMLF(中期貸出制度)の金利が据え置かれたことで、国債利回りは前々週同様に上昇。人民元は米ドルに対して横ばい推移(7.07~7.1)。

中国の企業デフォルトのヘッドラインは継続。思わぬ大組織も利払い遅延等が発生する可能性も。

その他のアジア圏は地政学リスクが意識された韓国ウォン、経常・財政赤字の中、中国との軍事衝突が起きたインドルピー、輸出が引き続き軟調なシンガポールドルが対米ドルで下落。材料が特になかったマレーシアリンギットとタイバーツ、米ドルペッグの香港はほぼ横ばい。利下げを実施しつつ、自国通貨安への牽制を継続しているインドネシアルピアと来週の政策金利決定会合で利下げが期待されるフィリピンは上昇。

インド:18日、フィッチはインドの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引下げ

インドネシア:貿易収支は、輸入の大幅減により、市場予想を上回る黒字に。インドネシア中銀は政策金利の7日物リバースレポ金利を25bps引下げて4.25%に。また、中銀は2020年のGDP成長率予想を0.9%-1.9%へ引下げ。声明文などから更なる利下げを示唆。

韓国:経済指標の発表はなかったものの、北朝鮮との緊張の高まりが材料視される展開。

今週は、中国のLPR(ローンプライムレート)と工業利益、フィリピンの海外送金額と政策金利、タイの政策金利、インド・韓国の地政学リスクに注目。米株やクレジット市場などは落ち着いた動きを予想。中国国債利回りはLPR据え置きを予想し横ばい。利下げが見込まれるフィリピン、追加利下げが示唆されたインドネシアの金利は低下を予想。マレーシア・シンガポール・タイ・韓国は米金利と同様レンジ内の動きを見込む。地政学と財政懸念から、インドの金利は上昇を予想。

PVアクセスランキング にほんブログ村
FX・サラリーマン投資家ランキング

-投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月25日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米中対立が材料視され米株は下落2 金利は来週のFOMCを控え小動き3 米中対立材料視で、為替は久々に大きな値動き3.1 ドル …

20年7月5日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 先週は以下3つの経済指標が良好な結果となったことが相場押上げ、S&P500は4%近くも上昇。・5月の中古住宅販売仮件数が市場予想を大幅に上回 …

20年6月21日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米銀行ストレステスト:4月に、ストレステストにコロナ禍に関連する分析事項を加えるとFRBは表明していたが、クオールズ副議長は、景気回復の過程につい …

20年7月16日:米国株債券・為替・商品市場

7月15日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 株は堅調2 債券は横ばい推移。3 ドル円は三角持ち合い解消後、下抜け、サポート線で跳ね返される3. …

香港ドルのペッグ制の考察

現在、香港当局が4月に香港ドル売り介入を開始してからの総額は約50Billion香港ドル(約7000億円規模)になる。米ドルとの金利差(世界的な米ドル流動性供給により米ドル調達コスト低下⇒香港は短期市 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒