投資

20年7月8日:DayBack

投稿日:

S&P500は前日比+0.8%上昇。テクノロジー株を中心に物色買いの展開となり、ナスダックは最高値を更新。英国が香港ドルペッグ制に打撃を与えることを望んでいるとの報道やフロリダ州でコロナ拡大の報道も材料視されず。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数
出所:TradingViewより作成

米国債10年入札は確りとした結果で、旺盛な投資家需要を確認できる内容で、金利は低下した局面もあったが、米株上昇を受け、債券は金利が下がると売られる展開となり、小動きに終始。カーブは小幅スティープ化。

青線:米国年国債5利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

ドル円は、ボリンジャーバンドの下にタッチして戻されてから、再度タッチしたときに水準切り下げ。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

原油・金ともに上昇。原油は米国在庫が史上最高水準近くで、ガソリン需要の低迷が頭打ち要因となり、上がり切れず。金は、ドル安見合いでの買い需要やコロナ懸念を背景に引き続き選好されている模様。

ローソク足:WTI原油先物、青色:金価格
出所:TradingViewより作成

まとめると、株高を横目に、債券も売られる地合いとなったが、10年債入札が強く債券市場は小動きに止まる。原油も上昇小幅・金が引き続き選好されているとところをみると、市場全体に警戒感は残っていると考える。その中でドル円はボリンジャーバンドの下に張り付く格好で水準切り下げも勢いに乏しい状況。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ドル円急落:7月24日

米中対立激化が背景。106.65、106のレジスタンスを共にブレイク。MarkitのPMIは製造業・サービス業ともに予想を下回る。止め材料がなかった。。。sトップ置いてなくて傷んでいる人多数と推察。 …

20年6月16日:米株式と米国債利回りの位置をチェック

15日、アメリカ株(下図ローソクチャート)は、コロナ第2波懸念を背景にNY連銀景気指数は予想を上回ったものの、調整色継続。VIX指数(下図の青線)も足許上昇。20日移動平均線は、引き続き下向きである。 …

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:8月10日~8月14日

【中国】10日、7月の消費者物価指数は前年同期比+2.7%であった一方、生産者物価指数は同▲2.4%に。大洪水の影響で豚肉価格が同85.7%上昇するなどコストプッシュ型の物価押上げが顕著。7月の経済全 …

FX初心者が負ける確率を下げるための分析や管理方法

FX関連の情報を見ていると、とても危なっかしい情報にあふれています。大手の機関投資家では取り得ないようなリスク量でシステムシグナルに基づき盲目的に売買をするもの、定性判断も使っているがYoutubeな …

20年7月10日:DayBack

S&P500は前日比+1.1%上昇。第2弾の米中合意の可能性が低いとのトランプ米大統領発言や、テキサス州等でのコロナ感染拡大が市場の重石に引き続きなる中、ギリアド社の抗ウイルス剤「レムデシビル …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒