投資

20年7月3日:DayBack

投稿日:

お名前.com

米株・米債は、アメリカは独立記念日で休場。

米国休みなので、為替は小動き。5分足でもこんな動きだった。クロスで拾ってトレードするぐらいですかね、日中は。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

30分足だと、ほぼ動かず。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

なので、日足でみて、珍しくエントリーポイントの予想を書いてみる。

ボリンジャーバンドをみると、4月のスクイーズ後、6月に入ると上昇トレンドがでてエクステンションに。足許では、再度、スクイーズしており、下2σバンドに張り付いてきた場合は、大きなトレンドが出やすいのではないか。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

ここ最近、ドル円は、リスク回避的な動きがでると、ドル高一辺倒であり従来のリスクオフでの円買いを超えているが、ベースのフローを形成する経常収支は日本の黒字縮小傾向も続くと思うが、米国の赤字幅も続くと考えており、円買い需要はあると考える。

また、主要日系企業の想定為替レートは105円に置いているので、輸出業者のフローが出るとしたら108円超えたところでのヘッジ需要ではないか。

金利は日米膠着状態なので、金利パリティ的な動きは限定的を予想。

財政は日本が後手後手に回る中、米国は第2弾個人への給付も含め、大型対策を発表してくることが予想され、米財政赤字拡大⇒米ドル安⇒米金利もベアスティープ(もしくはツイストスティープ)に、1年スパンではなってくると思料。

短期金利は日米ともに膠着状態の中、経常フローの円買い、米財政赤字拡大、コロナヘッドライン継続でのリスク資産売りを背景に、ドル円は下方向で考え、エントリーポイントは、ボリンジャーバンドで2σタッチ、MACDクロスを目安にしたい。

東京の感染者拡大が止まりません。。。

個人的には、絶賛手の消毒キャンペーン中。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村

-投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年8月6日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから来週の方向を考える材料を洗い出します。 S&P500は、前日比+0.5%上昇。追加財政刺激策の協議進展期待、企業決算も無難な内容であり、堅調に推移。7月の米ISM非製造業総合景 …

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:6月29日~7月3日

【中国】28日、5月工業利益は前年同期比+6%と前回迄のマイナス成長から回復。SOE(公営企業)経由での経済再開は進んでいる模様。30日、国家統計局が発表した製造業・非製造業購買担当者指数は市場予想を …

20年6月18日:DayBack

米株は、昨日頭打ち。ダウ平均は小幅安、ナスダックは小幅高。新型コロナウイルス感染拡大の第2波に対する懸念の高まりが広がる中、6月13日終了週の新規失業保険申請件数が高止まりした一方、フィラデルフィア連 …

20年7月19日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト2 来週のカタリスト3 米金利はレンジ推移しているが、来週は企業業績に注目4 欧州コア国金利は欧州復興基金ネタ待 …

アジア債券為替今週の振り返りと来週の見通し:6月8日~12日

中国:10日の消費者物価指数は+2.4%と市場予想を下回る水準。輸出・入額ともに前年同期比マイナス、貿易収支は輸入額の減少幅が大きく、黒字幅が拡大。他方、当局が、銀行等がリスク性金融商品への投資を抑制 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒