投資

20年6月30日:DayBack

投稿日:

アメリカの6月の消費者信頼感指数が市場の予想を大きく上回り、買いが広がる。S&P500は1.5%上昇。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数
出所:TradingViewより作成

ドル円は非常に小刻みな展開。ロンドン入りするタイミングで、短期線が中期線を下回り始めるも、NY時間に入りドル買い圧力が高まり、108円を超す水準まで水準切上げ。東京朝方から利食い売りなどに押されて戻す展開。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

金利はパラレルに上昇。米経済指標を素直に受けたことや月末買いフローが一巡したことで上昇したと考える。

青線:米国5年国債利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

金利水準の低さや新型コロナの感染再拡大で金の逃避需要が強まり上昇したものの、アジア時間以降は下落へ。原油価格はほぼ横ばい推移。

ローソク足:WTI原油先物、青色:金価格


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:7月27日~7月31日

【中国】27日、6月の工業利益は前年比+1.5%と堅調。31日の製造業購買担当者指数も市場予想を上回り、足許の景況感は悪くない。インターバンク市場への流動性供給も償還見合いで(ちゃんと)行っていること …

20年6月12日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米FOMC:0%~0.25%金利を維持。市場は、ドットチャート(12月以来)で21年までFOMC参加者の利上げ予想は皆無、22年も2名のみ利上げ予 …

20年7月30日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米株は上昇2 金利は小動き3 為替市場は思いのほか小動き4 原油も金も堅調5 まとめ 米株は上昇 S&P500は、前 …

ドル円移動平均線クロス発生

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか? ドル円、下押し圧力高まるか、ロンドン入りするタイミングで、短期線が中期線を下回り始める。定着すればもう一段下へ。 Trading ViewよりTb …

20年6月25日:DayBack

経済指標は強弱入り混じりの展開。5月の米耐久財受注は前月比+15.8%と2014年7月以来の大幅増加。コア資本財(航空機・国防関連を除く)受注も+2.3%増。他方、失業保険申請件数は2種連続で市場予想 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒