投資

20年6月5日時点の外債・為替ビュー

投稿日:2020年6月13日 更新日:

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。

・米雇用統計:5月の米失業率は13.3%と市場の事前予想19%を大幅に下回り、非農業部門雇用者数も+251万人と予想の▲750万人を大幅に上回った。

・欧米経済対策:ECBは4日の理事会で追加金融緩和を決定(6000億ユーロ増額し1兆3500億ユーロへ資産買取枠を拡大)、米国では、トランプ政権が次回経済対策が1兆ドル規模と想定しているとの報道。

・米中対立:アメリカが中国航空便の乗り入れを禁止することを検討、中国は米国産大豆の購入を停止することを検討。

・原油相場:4月の狂った状況から自然治癒的に回復しつつあり、一時マイナス価格(WTI価格を決定する要素であるクッシング地域(オクラホマ州)の在庫キャパシティがボトルネック)となっていた原油1か月先物価格は、足許40ドル/バレル付近まで回復。OPECプラスでの減産報道もサポート材料。

・バリュエーション:米SP500は、6月5日に3200を突破、投資適格社債(US Agg Corp)も5月から50bpsもタイトニングしており、企業のB/Sなどからみて割安感はなくなりつつある。

上記要素を組み立てると、先週は米中対立はほぼ材料視されず、市場のリスク選好姿勢が継続し、株・社債ともに上昇、社債については発行市場でのプレミアムトレード(発行市場で割安に発行されたのち、流通市場で急激に値を上げる動き)も活発化。原油も、「経済活動再開⇒需要回復期待」と「OPECプラス減産⇒供給削減期待」で上昇。米国債イールドカーブはベアスティープ顕著となり、強い雇用統計で金利上昇は勢いを増すも、週末引けにかけてはスティープニングポジションの解消の動きもあり、やや戻し、週を通じれば米債10年0.6%⇒0.89%(peak0.95%)。 個人的には、Duration・対円での為替ポジションはニュートラルで入り、機動的に調整したため、やられることはなかったが、週真ん中ではやりすぎ感もあると思い、指値で上での反転を狙ったがうまくいかず。米債は10年1%越えはさすがにないと思うので、来週はロング目で入る。ドル円も110円の壁は厚いと想定しており、日米金利差拡大でのドル選好もしずらくなってきているはず。ならば経常収支フローとドルの過剰流動性に市場の目が向き、米ドル安転換を想定。円ロングを打診的に行う方針。


FX・サラリーマン投資家ランキング

-投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年6月24日:DayBack

欧州時間には米国による欧州への関税のヘッドラインで、米国時間にはコロナウイルス拡大へのヘッドラインで、株価は大幅に下落しS&P500は▲2.6%となりました。 ローソク足:S&P500 …

20年7月16日:米国株債券・為替・商品市場

7月15日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 株は堅調2 債券は横ばい推移。3 ドル円は三角持ち合い解消後、下抜け、サポート線で跳ね返される3. …

20年8月30日時点の外債・為替ビュー

先週はジャクソンホールや安倍首相辞任など大きなイベントがありました。先週の振り返りと、今週の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 株式市場は上昇2 米金利は乱高下3 安倍首相辞任 …

20年7月19日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト2 来週のカタリスト3 米金利はレンジ推移しているが、来週は企業業績に注目4 欧州コア国金利は欧州復興基金ネタ待 …

アジア債券為替今週の振り返りと来週の見通し:6月8日~12日

中国:10日の消費者物価指数は+2.4%と市場予想を下回る水準。輸出・入額ともに前年同期比マイナス、貿易収支は輸入額の減少幅が大きく、黒字幅が拡大。他方、当局が、銀行等がリスク性金融商品への投資を抑制 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒