投資

20年6月27日時点の外債・為替ビュー

投稿日:2020年6月27日 更新日:

利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。

・米シカゴ購買部協会景気指数・ダラス連銀製造業活動指数:ともに市場予想は前回から大幅改善を予想しているが、シカゴが同日に発表となるカンファレンスボード消費者とともに市場予想を下回ると米経済回復期待は後退すると考える。 

・ISM製造業・Markit米国製造業購買担当者指数:両指標は市場予想が景気の分水嶺である50付近となっており、予想を上回るのは難しいのではないか。単純にそこまで実態経済が回復していない中、勢いのみでは50を超えられないと思う。

・米雇用統計(金曜日米国休日につき木曜日に発表):失業率12.4%、非農業部門雇用者数は300万人の増加を市場は予想しているが、そこまで2か月連続で戻れるだろうか。場合によっては市場の大きな攪乱要因になりかねない。

・FOMC議事録:6月は全体的にハト派トーンで、22年末まで政策金利はゼロ付近となるとのドッドチャートであるが、イールドカーブコントロール(YCC)への議論がどのようになっているかに注目。

・欧州圏:30日ユーロ圏のCPIが発表されるが大きな要因にはならないだろう。ドイツの5月小売売上高は予想が強めになっており、下回る場合は欧州からのリスク回避姿勢の強まりを見る可能性。

・米中対立:米国は中国共産党体制の現職および退官した複数の当局者に対し、査証(ビザ)の発給を制限すると発表。

・米追加経済対策:トランプ米政権による1兆ドル規模のインフラ支出検討などの報道が16日にあったが、23日にムニューシン米財務長官は雇用対策に重きをインフラ投資には前向きな姿勢を示さなかった。いずれにせよ、ヘッドラインを出す準備はできているのだろう。

・原油相場:OPEC+の減産順守状況は良好、米国リグ数減少などから、大きく価格下落することはないと考える。

・バリュエーション:リスク性資産は下落し調整⇒先々週の安値へ向かう。コロナは、フロリダ州やテキサス州など、第2波への警戒感が高まっている。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数
出所:TradingViewより作成

上記要素を組み立てると、コロナの影響が注目される中、経済指標の市場予想からもわかるように市場は現状を楽観視しており、景況感指数や雇用統計が予想を下回ると、もう一段リスク性資産は下落する可能性があると考える。社債の新規発行は引き続き抑制的で、起債が金利上昇要因になることもないことから、米金利は引き続きレンジ圏からやや低下を想定。クレジット市場も、銀行の配当減等の見通しやフェイスブックやツイッターへの広告手控え企業が控える中、スプレッドはワイドニングを予想。一発逆転は米経済対策のヘッドラインで、そこで大きく株高・金利上昇となったところは絶好の利食い機会となるか。

オレンジ線:米国30年国債利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、青線:米国5年国債利回り
出所:TradingViewより作成

ドルインデックスは、先週行ってこいで横ばい。ただ、リスク回避的な動きから、新興国通貨は軟調。インド・中国間の軍事衝突リスクもあり、市場は警戒。先週と変わらず、EMショート・米ドルロング維持、ドル円はリスク資産同様に横ばい推移を想定も、5日線が20日線を超えない限り107.2円程度でロング構築再開したい。債券ETFはロング目で回転、株・クレジットETFはショートかなあ。

ローソク足:米ドル指数、青線:ドル円
出所:TradingViewより作成


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

FX初心者が負ける確率を下げるための分析や管理方法

FX関連の情報を見ていると、とても危なっかしい情報にあふれています。大手の機関投資家では取り得ないようなリスク量でシステムシグナルに基づき盲目的に売買をするもの、定性判断も使っているがYoutubeな …

20年7月17日:米国株債券・為替・商品市場

7月16日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 業績ガイドライン悪化⇒株軟調2 金利は小幅に低下⇒ここ最近材料あっても金利上がりずらい3 ドル円は …

20年7月8日:DayBack

S&P500は前日比+0.8%上昇。テクノロジー株を中心に物色買いの展開となり、ナスダックは最高値を更新。英国が香港ドルペッグ制に打撃を与えることを望んでいるとの報道やフロリダ州でコロナ拡大の …

20年6月18日:DayBack

米株は、昨日頭打ち。ダウ平均は小幅安、ナスダックは小幅高。新型コロナウイルス感染拡大の第2波に対する懸念の高まりが広がる中、6月13日終了週の新規失業保険申請件数が高止まりした一方、フィラデルフィア連 …

ドル円急落:7月24日

米中対立激化が背景。106.65、106のレジスタンスを共にブレイク。MarkitのPMIは製造業・サービス業ともに予想を下回る。止め材料がなかった。。。sトップ置いてなくて傷んでいる人多数と推察。 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒