投資

20年8月15日時点の外債・為替ビュー

投稿日:

今週の振り返りと、来週の大まかな為替・債券の方向性を考えます。

米株は終わってみれば行って来いだが週前半のボラ高かった

10日:S&P500は前日比+0.3%上昇。原油が1週間ぶりの大幅高となったことを受けてエネルギー株中心に上昇。
11日:景気対策協議の行き詰まりが懸念され、S&P500は前日比▲0.8%の下落。
12日:S&P500は前日比+1.4%と多くのセクターで上昇。
13日:S&P500はエネルギーや不動産セクターが軟調で前日比▲0.2%の下落。米新規失業保険申請件数は3月以来初めて100万件を下回った。
14日:S&P500は▲0.1%下落と小動き。公益などが軟調となった。経済対策行儀の交渉難航が下押し圧力に。米小売売上高は市場予想を上回り、ミシガン消費者マインドも前月から小幅改善(水準はいまだ低位)したものの、材料視されず。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数
出所:TradingViewより作成

米金利は先週明確に上昇

12日の10年入札前月から増発されたが需要は堅調。10年金利は、一時0.65%まで低下するも、株高と上昇モメンタム継続に押し切られ0.675%で引けた。
13日にアップルが55億ドルもの資金調達を実施。30年入札は過去最大の260億ドル規模で需要は軟調。これらを受け、金利はベアスティープ、10年金利は0.72%に。

来週は社債発行も多そうである上、20年国債入札があり、入札軟調であれば一段のスティープ化を予想。皆さんお忘れのジャクソンホールが再来週にあるが、そこで更に金利上昇させるような発言は出ないと思うので、10年が0.75%ぐらいからロング構築してもいいかもしれない。

赤線:米国年国債5利回り、青線:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

為替市場は米金利上昇トレンドの中、ドル高は限定的

ドル円

4時間足で見ると、ダブルトップ付けた可能性。11日に米金利に連動したが、その後は米ドルは伸び悩み。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

週足で見ると、三角持ち合いになっているが平均線は下向き。なので、円ロングをしてもいいかもしれないが、限定的か米金利上昇をもう少し待ってからでもいいかもしれない。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

ユーロドル

13日:米国が欧州製品に対しての大幅な関税引上げを見送ったことが好感され、ユーロは対ドルで上昇。

となると、米20年入札までは株横ばいで米金利が急騰しないと考えるならば上についていくか。ただトレンド線上限付近(1.189)ではポジションを落したい。それが20年入札前までに決着がつくなら、入札時にはEURショートで入ってもいいかもしれない。

ローソク足:ユーロドル
出所:TradingViewより作成

商品市況は原油見通しと米金利上昇により上下

12日に、金は7年ぶりの大幅安となった。米金利上昇により相対的な魅力度が低下したことが背景。
13日に、IEA(国際エネルギー機関)が世界の石油需要見通しを下方修正したことで大幅に下落。対して金は続伸。

ローソク足:WTI原油先物、青色:金価格
出所:TradingViewより作成

まとめ

なんといっても、金利が上昇に転じたことが大きい。通常であれば、8月は夏休み期間で取引閑散・金利低下・円高・株軟調の季節性があるが、今年は当てはまらないのか。しかし、ドル円はダブルトップ後、下に行きそうな雰囲気もあり原油も軟調、株の押上げ材料も乏しく、株下落から潮目が変わる可能性も否定できないと考える。社債の発行が通年よりも多く、金利上昇要因は残るが。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年6月12日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米FOMC:0%~0.25%金利を維持。市場は、ドットチャート(12月以来)で21年までFOMC参加者の利上げ予想は皆無、22年も2名のみ利上げ予 …

ドル円移動平均線クロス発生

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか? ドル円、下押し圧力高まるか、ロンドン入りするタイミングで、短期線が中期線を下回り始める。定着すればもう一段下へ。 Trading ViewよりTb …

20年7月24日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米株は経済指標の悪化・米中対立ネタに素直に反応し下落2 金利もネガティブヘッドラインに素直に反応し長期金利が低下3 為替はド …

どう受け取るパウエル議長発言

前議長のイエレンは原稿棒読み人間だったが、パウエルさんも自分の軸がはっきりしない。 パウエル議長、FRBによる社債買い入れ開始の重要性に控えめな認識 https://t.co/tJxOfEB03w v …

20年7月16日:米国株債券・為替・商品市場

7月15日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 株は堅調2 債券は横ばい推移。3 ドル円は三角持ち合い解消後、下抜け、サポート線で跳ね返される3. …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒