投資

20年8月30日時点の外債・為替ビュー

投稿日:

先週はジャクソンホールや安倍首相辞任など大きなイベントがありました。先週の振り返りと、今週の大まかな為替・債券の方向性を考えます。

株式市場は上昇

ジャクソンホールで、インフレの一時的な2%越えを許容する姿勢や、雇用の包括的最大化を目指す点を述べたことで、米国株価は上昇。日本は、安倍首相の辞任を受けて経済成長戦略等に不透明感が高まり週末に下落。

ローソク足:S&P500指数、オレンジ線:日経225指数
出所:TradingViewより作成

米金利は乱高下

米金利は、第1段階貿易合意で米中「双方が進展確認」という報道を受けて週初に金利上昇し10年金利は0.7%を超えるも、ジャクソンホール会議直前はじりじりと金利低下して会議を迎えた。注目のパウエルFRB議長の発言は、事前の予想通りに平均的なインフレ率が2%となることを目指すことが低金利政策の長期化のサインと考えた一部投資家が全力で債券買いをしたため0.65%近辺まで低下。しかし、雇用の包括的最大化を目指す姿勢を示したことで、インフレの上振れの許容と解釈した多くの投資家が売りに転じて金利は急騰し、10年は0.79%付近に。ジャクソンホール後は、月末買いフローもあり金利は再度低下した。

赤線:米国年国債5利回り、オレンジ線:米国10年国債利回り、青線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

安倍首相辞任で円買いフロー復活

ユーロドルはレンジ内推移

EURUSD 4時間足でみると、レンジの上限で引けている。米金利上昇で、ドル買いの動きも見られたが、8月IFO企業景況感指数の上振れやパンデミック救済策の延長決定も好感されユーロが選好された。

ローソク足:ユーロドル
出所:TradingViewより作成

EURUSD30分足でみると、足許ではより小康状態でポジションが溜まっている可能性。一気に動くリスクを考えておく必要も。

ローソク足:ユーロドル
出所:TradingViewより作成

ドル円は、安倍首相辞任で円高

USDJPY 4時間足でみると、レジスタンスライン丁度迄円高が進行。ブレイクしてもすぐ下に2つ目のレジスタンスがあると思われ、かつ米金利は上昇しやすい地合いにあることから、大きく悲観して、104円を切るような状況にはならないと想定。リバウンドもあり得ると考える。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

USDJPY30分足では以下の通り。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

AUDJPY30分では上昇トレンドが継続。ただ、AUDは対人民元で割高が進んだので、チャネルの下限までは下落する可能性も。

ローソク足:豪ドル円
出所:TradingViewより作成

まとめ

ジャクソンホールと安倍総理の辞任で最もボラティリティが高まったのは為替市場で、ドル円は105円前半まで低下。金利は米国のインフレ上昇への寛容な姿勢でベラスティープ。株価は米国の追加経済対策への期待やFRBの低金利政策長期化期待を受けて上昇。
 今後は、為替は対ドルでエマージング通貨は強含む可能性、ドル円は下にブレイクよりも戻す可能性を見たい。金利は、月末フローも終わり再度ベアスティープ化する可能性。


FX・サラリーマン投資家ランキング

-投資
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

中央銀行には逆らうな!

為替動いています。ジャクソンホールでのパウエル発言を受けての速報。 AUDJPYはAUDロング継続。4時間足で上昇トレンドきれい。 ドル円も106.7を切り、下落トレンド継続。目先は104後半に置きた …

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:7月27日~7月31日

【中国】27日、6月の工業利益は前年比+1.5%と堅調。31日の製造業購買担当者指数も市場予想を上回り、足許の景況感は悪くない。インターバンク市場への流動性供給も償還見合いで(ちゃんと)行っていること …

20年8月2日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト1.1 株高1.2 金利は低下1.3 原油は下落、金は続伸2 来週のカタリスト3 コロナに思う 先週のカタリスト …

20年6月24日:DayBack

欧州時間には米国による欧州への関税のヘッドラインで、米国時間にはコロナウイルス拡大へのヘッドラインで、株価は大幅に下落しS&P500は▲2.6%となりました。 ローソク足:S&P500 …

20年7月25日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米中対立が材料視され米株は下落2 金利は来週のFOMCを控え小動き3 米中対立材料視で、為替は久々に大きな値動き3.1 ドル …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒