投資

20年7月30日:米国株債券・為替・商品市場

投稿日:

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。

米株は上昇

S&P500は、前日比+1.2%上昇。FOMC後のFRBパウエル議長が記者会見で「利上げを当面行わない」と示したことで株価上昇。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数
出所:TradingViewより作成

金利は小動き

金利は横ばい。パウエル議長発言で低下するも、その後反発し、1日を通すと行って来い。パウエル議長は財政刺激の重要性を強調したことがスティープ化の背景か。

青線:米国年国債5利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

為替市場は思いのほか小動き

ドル円は行って来い。足許105円ちょうど付近。FOMCでも大きな動きは出ず。やや拍子抜け。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

ユーロドルも小動き。長いタームで見ると上昇トレンドは継続。

ローソク足:ユーロドル
出所:TradingViewより作成

原油も金も堅調

原油は、EIA(米エネルギー情報局)の週間在庫統計で在庫が大幅に減少したことを背景に、底堅い動き。金は9営業日連続で上昇しており、米金融緩和継続がサポート。

ローソク足:WTI原油先物、青色:金価格
出所:TradingViewより作成

まとめ

注目されたFRBパウエル議長の発言を受けて大きく反応したのは株式市場。金融緩和継続表明も金利は5年ゾーンまで既に潰されており低下余地限定的、為替はもう少しドル安反応になるかと思ったが金利同様に小動き。商品市況はドル安もあり堅調。

コロナに思う

アベノマスク第2弾は延期。まあ、市場にマスク充分あるし、それはそうだろう。

豪の新型コロナ新規感染者、ビクトリアで700人超。世界的に増えてますよね。。。これは第2波っていうんじゃないでしょうか。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月9日:DayBack

トランプ大統領の財務記録を連邦最高裁が命じたとの報道を受け、株式市場はやや軟調。ウェルスファーゴは数千人規模のリストラを計画と報道。コロナ感染拡大も重石になっている。、 ローソク足:S&P50 …

20年6月5日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米雇用統計:5月の米失業率は13.3%と市場の事前予想19%を大幅に下回り、非農業部門雇用者数も+251万人と予想の▲750万人を大幅に上回った。 …

20年7月23日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米株は上昇も、好決算に思ったほど反応せず2 金利は小動き継続3 ドル円はドル高、ユーロドルはユーロ高4 原油も金も上昇5 コ …

アジア債券為替今週の振り返りと来週の見通し:6月8日~12日

中国:10日の消費者物価指数は+2.4%と市場予想を下回る水準。輸出・入額ともに前年同期比マイナス、貿易収支は輸入額の減少幅が大きく、黒字幅が拡大。他方、当局が、銀行等がリスク性金融商品への投資を抑制 …

20年7月13日:DayBack

米株式市場は軟調となり、S&P500は前日比▲0.9%減。コロナウイルスワクチン開発報道を受け上昇したのち、利益確定売りに押されて戻す展開。トランプ政権が中国の南シナ海での行動を不法と非難した …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒