投資

20年7月29日:米国株債券・為替・商品市場

投稿日:

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。

株価下落

S&P500は、前日比▲0.7%下落。7月の消費者信頼感指数が市場予想を下回る一方、リッチモンド連銀製造業指数は予想を上回りまちまち。FOMCを控える中、利益確定売りが先行。大手カード会社のVisaの第3四半期(4-6月)決算はカード支出が10%減少し、コロナの影響が色濃く出ている。マクドナルド・3M・ハーレーだビットソンも予想を下回り軟調な株価推移。

金利低下

金利は低下し、10年国債利回りは4bps低下し0.58%に。7年債入札が好調となったことやFRBが緊急資金供給プログラムの期限を12月末に延長したことは低下要因。

ドル安継続

ドル円は105円切り。アジア時間終わり際も、再度ドル安へ。ただしFOMCを前に神経質な展開が予想される。FOMCでフォワードガイダンスを強化しなければ一旦反発すると予想。

ユーロ円は、アジア時間に再び上昇へ。

原油横ばい、金は高値更新

原油は、ほぼ横ばい推移も、株安が重石。金は2000ドルを突破したのち、FOMC待ちの姿勢となり戻される。

まとめ

株下落債券高と典型的なリスク回避的な動き。金も高値更新と、企業業績が予想を下回り、経済指標もまちまちとなってきていることが要因。本日のFOMCはゲームチェンジャーとなる可能性があり、トレンド等は一旦忘れて臨みたいところ。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

どう受け取るパウエル議長発言

前議長のイエレンは原稿棒読み人間だったが、パウエルさんも自分の軸がはっきりしない。 パウエル議長、FRBによる社債買い入れ開始の重要性に控えめな認識 https://t.co/tJxOfEB03w v …

20年7月15日:米国株債券・為替・商品市場

7月14日の振り返りです。7月14日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 S&P500は前日比+1.3%上昇。CitiバンクやJPモルガンの第2四半期決算が債 …

20年7月1日:DayBack

米株は続伸し、S&P500は+0.5%上昇。6月のADP雇用統計は市場予想を下回ったものの雇用者数の増加を確認したこと、6月のISM製造業景況感指数が市場予想を上回り景気の分水嶺である50も超 …

FX初心者が負ける確率を下げるための分析や管理方法

FX関連の情報を見ていると、とても危なっかしい情報にあふれています。大手の機関投資家では取り得ないようなリスク量でシステムシグナルに基づき盲目的に売買をするもの、定性判断も使っているがYoutubeな …

20年7月22日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米株は上昇後、経済対策への期待後退で戻す展開2 金利は相変わらず小動き3 ドル円はレンジ圏4 復興基金成立でユーロ高5 ポン …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒