投資

20年7月28日:米国株債券・為替・商品市場

投稿日:

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。

株価は反発

S&P500は前日比+0.7%上昇。米政府による1兆ドル規模の景気対策報道で、先週末からの市場のリスク回避姿勢が後退。IT関連がリバウンド。また、耐久財受注も市場予想を上回った。

米上院共和党は27日に1兆ドル規模の包括的経済対策案を発表。失業給付の現行の上乗せ分を減額し、個人への1200ドルの給付等が盛り込まれる。民主党は3兆ドル規模を示しており、両党による協議動向を注視。

金利は上昇で反応

金利は上昇し、10年国債は3bps程度上昇し0.62%と0.5%台を脱出。長期ゾーンはAT&Tの目がディールが重石となった可能性。

ドル安継続

ドル円は、ドル安継続。FOMCを控えてハト派への期待がある、日米金利差縮小期待からドル軟調となりやすい地合いにあると推察。一方、FOMCでハト派バイアスを強めなければ一時的な反発を予想する。

ユーロドルは膠着。FOMC待ち。

原油・金に加え、銀も上昇

ドル安継続・株高で原油には上昇圧力かかりやすい状況。金はドル安で代替需要が高まっている。とうとう金加えて、銀やビットコインまで上昇し始めたところをみるとそろそろ潮時かなと思うが、FOMCを見てからでもいいかと思案中。

コロナに思う

モデルナ社は、コロナワクチンの治験(3万人規模)を開始と発表。

グーグルは、コロナ対応の在宅勤務を来年の6月末まで許可。もう、在宅になれちゃうと毎日会社に行くの馬鹿らしくなりますよね。。。週1か2でチームコミュニケーションを図るぐらいでいいのではないでしょうか?そうするとリーダーのカリスマ性・魅力度というファクターがチームパフォーマンスを大きく左右すると思います。関連記事は以下。

リモートでの業務遂行


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月9日:DayBack

トランプ大統領の財務記録を連邦最高裁が命じたとの報道を受け、株式市場はやや軟調。ウェルスファーゴは数千人規模のリストラを計画と報道。コロナ感染拡大も重石になっている。、 ローソク足:S&P50 …

20年6月22日:DayBack

22日のS&P500は上昇したものの小幅上昇。寧ろ、Amazonやアドビのようなテック関連が上昇し、ナスダックは7営業日連続上昇。 出所:TradingViewより作成ローソク足:S& …

米国雇用統計の見方

お名前.com Contents1 雇用統計構成の2つの調査2 非農業部門雇用者数2.1 非農業部門雇用者数の中身の見方2.2 雇用面から個人消費の動向を考える2.3 労働市場全体の先行指標としてのサ …

20年6月12日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米FOMC:0%~0.25%金利を維持。市場は、ドットチャート(12月以来)で21年までFOMC参加者の利上げ予想は皆無、22年も2名のみ利上げ予 …

20年7月22日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米株は上昇後、経済対策への期待後退で戻す展開2 金利は相変わらず小動き3 ドル円はレンジ圏4 復興基金成立でユーロ高5 ポン …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒