投資

20年7月21日:米国株債券・為替・商品市場

投稿日:

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。

S&Pはコロナ関係報道を背景に上昇

S&P500は+0.8%上昇し、2月以来の水準に。ITセクター中心に追われる展開となり、特にアマゾンの上昇が目立つ。新型コロナ用ワクチン開発や政府による追加景気刺激策の協議開始といったポジティブヘッドラインが株式市場をサポート。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数、オレンジ線:アマゾン株価
出所:TradingViewより作成

一方、米金利は感染拡大を材料視し続け低下基調

金利は引き続き低下し、米国10年金利は0.61%と2bps低下。新型コロナ用ワクチン開発のポジティブな報道や好調な企業決算が出ても、コロナウイルス感染拡大が材料視され続けている状況。

青線:米国年国債5利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

ドル円はレンジ推移

ドル高円安。株高を眺めつつ、ドル買い優勢。106.65~107.4のレンジ推移継続。足許はもっと狭く下は107.0。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

ユーロは基金ネタで上昇トレンド維持

ユーロは、復興基金に関する合意待ちが続くが、オランダをはじめ妥協する動きがみられ合意期待が高まっていることが背景。ストキャスティクスでは上2σラインにタッチ後、少し離れつつあるが、チャネルは維持されている、かつファンダメンタルズでも基金ネタ等EUR上昇方向継続となるので、EURは下がったら買いタイミングを探りたい。

ローソク足:ユーロドル
出所:TradingViewより作成

金市場は上昇継続

原油は、株高を眺めつつ上昇。金は引き続き続伸で、逃避需要は衰えず。

ローソク足:WTI原油先物、青色:金価格
出所:TradingViewより作成

シェブロンが、石油・天然ガス生産会社であるノーブル・エナジーを約50億ドルで買収すると発表。ノーブルが抱える債務も含めると、全体の買収額は約130億ドルになる。発表を受けて、ノーブルの社債スプレッドは大幅にタイトニング。

まとめ

コロナ関連のポジティブ報道を受けて、株式市場は堅調推移。一方、国債や金市場は実際の感染拡大を材料視し続けている。為替は、ドル円はレンジ、ユーロドルはユーロ高。国債金利とドル円は値動きが限定的で、ボラティリティ上昇時には、突発的に一方通行の値動きにならないか警戒したい。

コロナに思う

ニューヨーク州では、20日に第4段階の制限緩和を実施。動物園などの娯楽施設が再開されるが、飲食店の屋内営業は引き続き禁止。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年6月23日:DayBack

アジア時間にナバロ大統領補佐官が「米中合意は終わった。」と発言したことを受けて、市場は大幅にリスクオフに傾くも、その後、本人が火消しに回りトランプ大統領も「中国との貿易合意は全く損なわれていない」とツ …

20年7月16日:米国株債券・為替・商品市場

7月15日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 株は堅調2 債券は横ばい推移。3 ドル円は三角持ち合い解消後、下抜け、サポート線で跳ね返される3. …

20年7月19日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト2 来週のカタリスト3 米金利はレンジ推移しているが、来週は企業業績に注目4 欧州コア国金利は欧州復興基金ネタ待 …

FX初心者が負ける確率を下げるための分析や管理方法

FX関連の情報を見ていると、とても危なっかしい情報にあふれています。大手の機関投資家では取り得ないようなリスク量でシステムシグナルに基づき盲目的に売買をするもの、定性判断も使っているがYoutubeな …

20年7月6日:DayBack

中国本土株は6%程度の上昇(5日連続)となり、周辺アジア国の株式市場も上昇。PBOC(中国人民銀行)が資金吸収を行っている下での上昇はどれほど継続するか疑問ではある。中国国債10年も3%まで上昇し、1 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒