投資

20年7月18日:米国株債券・為替・商品市場

投稿日:2020年7月18日 更新日:

7月17日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。

株式市場は期待感で買い戻しの動き

S&P500は前日比+0.3%上昇。米国の6月住宅着工件数は市場予想を下回り、7月のミシガン大学消費者マインドも市場予想を下回ったものの、株式市場はさほど反応せず。住宅指標については絶対値では戸建て許可件数が2019年まで戻っており、今後は着工増も見込まれる。英インペリアル大学のワクチン開発報道を欧米株式市場は好感してスタートし、議会は週明け20日に新たなコロナ経済対策を巡り審議するため、追加政策対応期待も高まっている。米国ではないが、17日開始した欧州連合首脳会議で復興基金に関する合意の道筋が付くとの期待感も現れている。欧米共に期待感。。。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数
出所:TradingViewより作成

債券は米国時間に株高を見ながら売られる展開

ロンドン時間で買われる展開。ニューヨーク時間入り直後は、住宅着工件数は市場予想を下回ったのを確認して10年金利は0.6%を切る水準まで低下。しかしその後は、株高や一部米国債の供給増懸念(※)が高まり、ミシガンの先行値が予想を大きく下回る中でも、終わってみるとイールドカーブはベアスティープ化。起債は金曜日なので当然ほぼ無く、市場要因とならず。
 テクニカルには、10年金利が0.6%切りが定着しなかったことで、サポートライン維持を確認。
(※)米国債の供給増懸念:財務省借入諮問委員会(TBAC)がプライマリーディーラー向けの質問票に国債入札の頻度・金額調整につちえの項目が入っていたことで、米国債発行増懸念が高まった。

青線:米国年国債5利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

ドル円:米株高⇒ドル売りがメイン

ドル円は、方向としては昨日のドル高の揺り戻しから(米金利が上昇しても、どちらかというと株高⇒ドル売りの流れ)ドル安推移(21時以降一方方向だったのでこれがメインの要素と推察)。東京・欧州時間はクロス円も軟調だったので、東京でのコロナ感染拡大を嫌気したこともあり円買いの動きもあったと推察。欧州復興基金関連の動向は要注視。下は昨日までにサポートラインは106.65と確認しているが、上も107.3付近がレジスタンスラインになっている。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

原油市場は需要減を織り込み、金は週ベースで上がり続ける

原油は、ミシガン大学消費者マインド指数の低下やテキサスやカリフォルニア州などでの新型コロナの感染拡大が嫌気材料。金は、ここ2日の軟調さを取り戻すかのように上昇し、6週連続の上昇に。

ローソク足:WTI原油先物、青色:金価格
出所:TradingViewより作成

OPECプラスは現在の減産量である日量970万バレルから、減産規模を日量970万バレルに縮小する方針。

イエレン前FRB議長とバーナンキ元議長は共同講演でイールドカーブコントロール(YCC)は可能だが不確実、と言及。

まとめ

欧米の政策期待感で、米株は上昇し金利も上昇。コロナ材料で原油が引き続き軟調、金は買われ続ける。斯かる中で、ドル円は方向感なくレンジ推移が続き、サポートラインは106.65と確認しているが、上も107.3付近がレジスタンスラインに。週明けは、欧州復興基金関連報道でユーロの値動きに注意。

来週は、第2四半期の企業決算発表は来週本格化し、マイクロソフト・テスラ・インテル・ベライゾンなどが決算を発表。テスラの株高は続くんでしょうかね。

コロナに思う

コロナ感染者数は、ブラジルでは200万人、インドでは100万人を突破。ワクチン開発報道で市場はサポートされているが、いつロックダウン祭りになるかわからないと思う。そうなった時には、当然リスク資産が売られるだろうが、今度の第2波では下落は長引きそうだ。日本を見てもわかるように、各国根幹部分の経済はかなり疲弊してきている。人々の心に絶望感が広がるなら、市場の反応は相当なものになるだろう。そうしないように、各国政府は対応策を考えているだろうけど。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村

-投資
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年6月29日:DayBack

5月の中古住宅販売仮件数が市場予想を大幅に上回り、ボーイングの737MAX飛行テスト開始を受けて株価は上昇し、S&P500は+2.4%。マイクロンも売り上げ見通しが市場予想を上回り株高顕著。 …

20年8月15日時点の外債・為替ビュー

今週の振り返りと、来週の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 米株は終わってみれば行って来いだが週前半のボラ高かった2 米金利は先週明確に上昇3 為替市場は米金利上昇トレンドの中 …

20年6月27日時点の外債・為替ビュー

利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆ 来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米シカゴ購買部協会景気指数・ダラス連銀製造業活動指数:ともに市 …

20年7月24日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米株は経済指標の悪化・米中対立ネタに素直に反応し下落2 金利もネガティブヘッドラインに素直に反応し長期金利が低下3 為替はド …

20年6月25日:DayBack

経済指標は強弱入り混じりの展開。5月の米耐久財受注は前月比+15.8%と2014年7月以来の大幅増加。コア資本財(航空機・国防関連を除く)受注も+2.3%増。他方、失業保険申請件数は2種連続で市場予想 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒