投資

20年7月15日:米国株債券・為替・商品市場

投稿日:2020年7月15日 更新日:

7月14日の振り返りです。7月14日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。

S&P500は前日比+1.3%上昇。CitiバンクやJPモルガンの第2四半期決算が債券トレーディングが堅調で市場予想を上回った一方、ウェルスファーゴは貸倒引当増などで軟調な決算。株価をけん引したのは建機や石油関連セクター。本日はゴールドマン、週後半のバンカメとメリルリンチの決算が控えていることで銀行セクターは動意なし。モデルナ社の試験結果などを受けてコロナワクチン開発期待も市場を後押し。VIX(恐怖指数)は一時上昇していることから、やはり警戒感が残っていることを示唆。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数
出所:TradingViewより作成

金利は株高でもさほど動かず横ばい推移。コロナが重石となっていることや部レナードFRB理事が経済の下方リスクを指摘するなど、債券市場は身構え継続。なお、6月の消費者物価指数は前月から+0.6%増となり、エネルギー・食品を除いても+0.2%となった。

青線:米国年国債5利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

ドル円も債券市場同様の反応。東京時間では三角持ち合いっぽい動き。どっちに動くにせよ、VIXを見ていると値幅が出そうな気がする。。。

ローソク足:ドル円
出所:TradingViewより作成

原油先物市場は、OPECプラスの減産順守期待が高まり、相場を下支え。金はインフレ加速見通しから金需要が高まり上昇。

ローソク足:WTI原油先物、青色:金価格
出所:TradingViewより作成

トランプ政権は、全ての授業をオンラインで受講する留学生を国外退去処分とする方針を撤回。ハーバード大学などが反対していた。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村

-投資
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月31日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 株価は下落2 金利は低下3 ドル安トレンド継続4 原油・金ともに下落5 まとめ6 コロナに思う 株価は下落 S&P5 …

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:8月10日~8月14日

【中国】10日、7月の消費者物価指数は前年同期比+2.7%であった一方、生産者物価指数は同▲2.4%に。大洪水の影響で豚肉価格が同85.7%上昇するなどコストプッシュ型の物価押上げが顕著。7月の経済全 …

20年6月12日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米FOMC:0%~0.25%金利を維持。市場は、ドットチャート(12月以来)で21年までFOMC参加者の利上げ予想は皆無、22年も2名のみ利上げ予 …

20年7月1日:DayBack

米株は続伸し、S&P500は+0.5%上昇。6月のADP雇用統計は市場予想を下回ったものの雇用者数の増加を確認したこと、6月のISM製造業景況感指数が市場予想を上回り景気の分水嶺である50も超 …

香港ドルのペッグ制の考察

現在、香港当局が4月に香港ドル売り介入を開始してからの総額は約50Billion香港ドル(約7000億円規模)になる。米ドルとの金利差(世界的な米ドル流動性供給により米ドル調達コスト低下⇒香港は短期市 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒