投資

20年7月13日:DayBack

投稿日:

米株式市場は軟調となり、S&P500は前日比▲0.9%減。コロナウイルスワクチン開発報道を受け上昇したのち、利益確定売りに押されて戻す展開。トランプ政権が中国の南シナ海での行動を不法と非難したことやカリフォルニア州でのバーや映画館での営業再停止が求められたことで経済回復期待が後退したことが要因。14日朝方の日本株も売られて始まる。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数
出所:TradingViewより作成

米国債金利は低下し、10年金利は0.62%に▲3bps低下。カリフォルニア・フロリダ・テキサス州などで感染拡大止まらず、景気下押し懸念が高まり、債券需要が高まった。今日から銀行決算が始まり、社債の発行も手控えモードであり、金利上昇圧力は強くない。カーブはブルフラット化。ちなみに、ドイツやフランスといった欧州コア国は、決算期待とサプライが意識されて金利は上昇と逆の動き。

青線:米国年国債5利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

ドル円は、ニューヨーク時間の前半は円が売られる展開、後半はドルが買われ円もやや買い戻される展開。前半の動きを見てトレンドフォロー的についていった投資家は東京時間明朝に資源国通貨などでやられている可能性。短期のトレンドを割り込んでおり、戻っても水準は限定的と考える。4時間足で見るとまだ下で見た方が無難か。

ローソク足:ドル円(5分足)
出所:TradingViewより作成
ローソク足:ドル円(4時間足)
出所:TradingViewより作成

原油先物は今週開かれるOPECプラス会合での減産規模縮小懸念が燻り官庁。金はNY時間は堅調推移も、アジアに移り軟調。

ローソク足:WTI原油先物、青色:金価格
出所:TradingViewより作成

なお、シンガポールの第2四半期の実質経済成長率は前年同期比▲12.6%減と予想を下回る。貿易立国にとっては引き続きダメージ大。一方、香港の金融街としての地位が低下すればシンガポールは相対的に優位な位置づけと考えており、長期的には引き続き同国にポジティブ。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

-投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月10日:DayBack

S&P500は前日比+1.1%上昇。第2弾の米中合意の可能性が低いとのトランプ米大統領発言や、テキサス州等でのコロナ感染拡大が市場の重石に引き続きなる中、ギリアド社の抗ウイルス剤「レムデシビル …

20年7月19日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト2 来週のカタリスト3 米金利はレンジ推移しているが、来週は企業業績に注目4 欧州コア国金利は欧州復興基金ネタ待 …

20年7月16日:米国株債券・為替・商品市場

7月15日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 株は堅調2 債券は横ばい推移。3 ドル円は三角持ち合い解消後、下抜け、サポート線で跳ね返される3. …

20年7月15日:米国株債券・為替・商品市場

7月14日の振り返りです。7月14日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 S&P500は前日比+1.3%上昇。CitiバンクやJPモルガンの第2四半期決算が債 …

20年6月16日:米株式と米国債利回りの位置をチェック

15日、アメリカ株(下図ローソクチャート)は、コロナ第2波懸念を背景にNY連銀景気指数は予想を上回ったものの、調整色継続。VIX指数(下図の青線)も足許上昇。20日移動平均線は、引き続き下向きである。 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒