投資

20年6月25日:DayBack

投稿日:

金融機関のストレステストの結果を受け、9月末まで増配や自社株買いが金利されたことで、金融株が大幅下落。前場中にテキサス州知事がコロナの感染拡大によりバーの営業停止とテスト欄の営業制限を指示、フロリダ州での新規感染者大幅増から第2波への警戒感が高まる。6月のミシガン大学消費者マインド指数は予想を下回り、全面安へ。

個別には、ベライゾンから広告掲載を一時停止すると発表されたFecebookが下落幅大。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数、オレンジ線:facebook株価
出所:TradingViewより作成

EUは、日本やカナダなど18か国について入域を認めると発表した一方、米国は引き続き禁止する勧告を出すとの報道。

債券も、昨日はわかりやすい展開。コロナ感染拡大懸念を受けて、10年金利が0.63%付近まで低下、5年30年は3bpsフラットニング。テキサス州ヒューストンがあるハリス郡より緊急事態宣言が出される。

青線:米国5年国債利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、オレンジ線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

原油もコロナ拡大⇒原油需要減退懸念から価格は軟調推移。質への逃避が強まりわかりやすく米ドルと金が買われる展開。昨日までは米ドル高観測から金価格が調整されていたがそれも終わりか。

ローソク足:米ドル指数、青線:ドル円
出所:TradingViewより作成

以下、米ドル円の1日推移。ローソクは5分、5日と20日の移動平均線をとると、日本時間21時(米国オープン直前のこの時間から取引増えてボラ上がる傾向)から20日線がフロアとなり上昇継続。24時まで一貫してドル買い需要が高かったことがわかる。その後はいったん寄り戻ししそうになるものの、米株の後場終了を意識してか、再度上昇し終了。

ローソク足:米ドル円相場、オレンジ色:5日移動平均、青色:20日移動平均

昨日は、非常にシンプルな質への逃避が見られた相場。株安債券高、米ドル上昇金高、原油下落。このまま、コロナヘッドラインで下落が続けば、第2弾経済対策を米当局は出してくると思われる。その場合は、反転する可能性もあるが、しばらく様子見でいいのではないか。ただ、流動性供給のピークアウトや質への逃避を背景に、米ドルは上昇継続する可能性も。


FX・サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村

-投資
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年8月6日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから来週の方向を考える材料を洗い出します。 S&P500は、前日比+0.5%上昇。追加財政刺激策の協議進展期待、企業決算も無難な内容であり、堅調に推移。7月の米ISM非製造業総合景 …

20年8月2日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト1.1 株高1.2 金利は低下1.3 原油は下落、金は続伸2 来週のカタリスト3 コロナに思う 先週のカタリスト …

20年7月13日:DayBack

米株式市場は軟調となり、S&P500は前日比▲0.9%減。コロナウイルスワクチン開発報道を受け上昇したのち、利益確定売りに押されて戻す展開。トランプ政権が中国の南シナ海での行動を不法と非難した …

20年7月17日:米国株債券・為替・商品市場

7月16日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 業績ガイドライン悪化⇒株軟調2 金利は小幅に低下⇒ここ最近材料あっても金利上がりずらい3 ドル円は …

ドル円移動平均線クロス発生

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか? ドル円、下押し圧力高まるか、ロンドン入りするタイミングで、短期線が中期線を下回り始める。定着すればもう一段下へ。 Trading ViewよりTb …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒