投資

20年6月25日:DayBack

投稿日:

経済指標は強弱入り混じりの展開。5月の米耐久財受注は前月比+15.8%と2014年7月以来の大幅増加。コア資本財(航空機・国防関連を除く)受注も+2.3%増。他方、失業保険申請件数は2種連続で市場予想を上回り、雇用の回復ペースが遅いことが確認されつつある。それよりも機能は、FRB等が、ボルカールールの一部変更を承認したことで金融セクターが上昇。S&P500は+1.1%。

ローソク足:S&P500指数、オレンジ線:VIX指数、青線:JPモルガン株価
出所:TradingViewより作成

米連邦準備制度理事会(FRB)、通貨監督庁(OCC)、連邦預金保険公社(FDIC)は、ベンチャーキャピタルファンドへの投資を近く増やせるようになるほか、「スワップ取引」の際に、銀行が前もって準備すべき証拠金を減らす案を可決(年間約400億ドル規模)

FRBは25日の声明で、銀行業界は年次ストレステスト(健全性審査)で良好な結果だったが、第3四半期(7−9月期)まで大手銀による銀行の自社株買いを禁止、配当も最新決算をベースとし第2四半期の水準を上限とする方針を示す。ウェルスファーゴ等の減配リスクに鑑み、米国銀行株は調整するだろう。

債券市場は株高を受け超長期が売られ小幅金利上昇、スティープニング。テキサス州でコロナ感染拡大抑制策の段階的な緩和を停止、ヒューストン病院のキャパシティは限界近いとの報道。金利上昇は当面難しいと思う。

オレンジ線:米国30年国債利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、青線:米国5年国債利回り
出所:TradingViewより作成

ドル高小幅継続。為替市場ではコロナ拡大への警戒感がドル選好に繋がっている模様。また、四半期末での金融機関のドル需要の高まりも背景にある可能性。対して、金は売られる。WTI原油は、ウラル原油の輸出の大幅な削減により供給減期待が高まったため、1.9%上昇。

ローソク足:WTI原油先物、オレンジ線:金価格、青空色:米ドル指数
出所:TradingViewより作成

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村
FX・サラリーマン投資家ランキング

-投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月7日:DayBack

米銀行の決算発表(JPM・ウェルスファーゴ・Citiが14日、GS15日、BoAML16日)を来週に控えて、アナリストの予想が弱気なものとなっていることから同セクターの株価は軟調。また、テキサス州は、 …

20年6月18日:DayBack

米株は、昨日頭打ち。ダウ平均は小幅安、ナスダックは小幅高。新型コロナウイルス感染拡大の第2波に対する懸念の高まりが広がる中、6月13日終了週の新規失業保険申請件数が高止まりした一方、フィラデルフィア連 …

20年8月15日時点の外債・為替ビュー

今週の振り返りと、来週の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 米株は終わってみれば行って来いだが週前半のボラ高かった2 米金利は先週明確に上昇3 為替市場は米金利上昇トレンドの中 …

20年6月24日:DayBack

欧州時間には米国による欧州への関税のヘッドラインで、米国時間にはコロナウイルス拡大へのヘッドラインで、株価は大幅に下落しS&P500は▲2.6%となりました。 ローソク足:S&P500 …

ドル円急落:7月24日

米中対立激化が背景。106.65、106のレジスタンスを共にブレイク。MarkitのPMIは製造業・サービス業ともに予想を下回る。止め材料がなかった。。。sトップ置いてなくて傷んでいる人多数と推察。 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒