投資

20年6月23日:DayBack

投稿日:

アジア時間にナバロ大統領補佐官が「米中合意は終わった。」と発言したことを受けて、市場は大幅にリスクオフに傾くも、その後、本人が火消しに回りトランプ大統領も「中国との貿易合意は全く損なわれていない」とツイートし、全戻し。欧州PMIはフランス製造業が52.1(前月40.6)、ドイツ製造業が44.6(前月36.6)と市場予想を上回り、欧州株が上昇。米国製造業PMIは49.6(前月39.8)、サービス業PMIは46.7(前月37.5)とともに市場予想を下回ったものの前月から回復。AppleやPaypalのバリュエーションが見直されテック株価水準は一段と上昇。その後、テキサス州での感染拡大を受け上昇幅は縮小、S&P500は+0.4%上昇で引けた。

ローソク足:S&P500指数、青線:VIX指数、オレンジ線:アップル株価
出所:TradingViewより作成

ブラード・セントルイス連銀総裁がYCCに否定的な発言をし、経済環境については当初想定ほど悪くないとの認識を示す。ムニューシン財務長官は新たな景気対策について7月中に法案が可決する可能性について言及。

テキサス州は新規感染者数が過去最大(5000人以上)となったと発表。NYやNJ州での感染拡大が再度確認されると一気に市場が悲観モードになるリスクは高いと考える。

米株が上昇する中、超長期ゾーン主導で金利上昇。30年が2.5bpsほど上昇。5Y30Yカーブは3.5bpsスティープ化。ナバロの発言で金利急低下後、トランプツイートで全戻し。ロンドン時間には欧州PMIが市場予想を上回り、欧州株上昇に連動し米国10年金利は0.72%まで上昇。国債入札は無難な展開⇒短中期は利回り上昇限定的に(オレンジ線:5年国債金利の上昇限定)。

オレンジ線:米国5年国債利回り、ローソク足:米国10年国債利回り、青線:米国30年国債利回り
出所:TradingViewより作成

WTI原油は米株とパラレルに小幅上昇もやや頭が重い展開、40ドル/バレルを超えては終了。金はコロナの影響を懸念してか上昇継続。ここ最近は、一部投資家の悲観的姿勢をはんえいしている可能性。

ローソク足:WTI原油先物、青線:金価格
出所:TradingViewより作成

ドル安の流れは続いており、強い欧州PMIを受けてユーロが買われ相対的に米ドルは売り。テキサス等でのコロナ拡大を受けてか円に対してもドルは下落。

ローソク足:米ドル指数、青線:ドル円
出所:TradingViewより作成

まとめると、アジア時間はナバロ発言に振り回され株安金利低下、トランプツイートで株高金利上昇、全戻し。ロンドン時間に入ると良好な経済指標が好感され、リスク選好の動き。NY時間では株高継続も、テキサス等でコロナ拡大の報道を受け、米ドル安進行に加え株価は頭は重い展開に。終わってみれば、株高金利上昇、米ドル安、金は上昇継続。クレジット市場は、起債は少ない中、小動きながらスプレッドはタイトニング。


FX・サラリーマン投資家ランキング a href=”https://economy.blogmura.com/economy_financial/ranking/in?p_cid=11062480″ target=”_blank” >にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村

-投資
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月25日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米中対立が材料視され米株は下落2 金利は来週のFOMCを控え小動き3 米中対立材料視で、為替は久々に大きな値動き3.1 ドル …

20年6月29日:DayBack

5月の中古住宅販売仮件数が市場予想を大幅に上回り、ボーイングの737MAX飛行テスト開始を受けて株価は上昇し、S&P500は+2.4%。マイクロンも売り上げ見通しが市場予想を上回り株高顕著。 …

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:7月6日~7月10日

【中国】9日、6月の生産者物価指数は事前予想よりもマイナス幅は小さく前年同期比▲3.0%減、消費者物価指数は市場予想通り同+2.5%。国家統計局は発表資料で、PPIの低下率の縮小について、「国際商品価 …

20年6月27日時点の外債・為替ビュー

利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆ 来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 ・米シカゴ購買部協会景気指数・ダラス連銀製造業活動指数:ともに市 …

20年7月18日:米国株債券・為替・商品市場

7月17日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 株式市場は期待感で買い戻しの動き2 債券は米国時間に株高を見ながら売られる展開3 ドル円:米株高⇒ …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒