投資

20年6月16日:米株式と米国債利回りの位置をチェック

投稿日:2020年6月16日 更新日:

15日、アメリカ株(下図ローソクチャート)は、コロナ第2波懸念を背景にNY連銀景気指数は予想を上回ったものの、調整色継続。VIX指数(下図の青線)も足許上昇。20日移動平均線は、引き続き下向きである。

TradingView提供のチャート

20年6月15日時点では米金利も低下し、0.69%程度に。インフレ上昇への懸念は今はしなくても良いと考えており、株がもう一段下落するならば、0.5%~0.8%を安定的に推移するのではないだろうか。

TradingView提供のチャート

ゲームチェンジャーとなり得るのは、米国でのイールドカーブコントロール(YCC)の導入可否、及び、対象年限。中道派であるカプランダラス連銀総裁がYCCの副作用に懸念を示しているように、FOMCメンバーの中でコンセンサス形成には至っていないと思われる。パウエル議長は16日に上院銀行委、17日に米下院金融サービス委員会で半期に一度の証言を行うが、YCCの議論を出さなければ、カーブはスティープ化するのではないかとみている。


FX・サラリーマン投資家ランキング

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月16日:米国株債券・為替・商品市場

7月15日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 株は堅調2 債券は横ばい推移。3 ドル円は三角持ち合い解消後、下抜け、サポート線で跳ね返される3. …

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:6月22日~26日

【中国】:22日、PBOC(中国人民銀行)は、銀行の貸出金利の指標となるLPR(ローンプライムレート, 1年3.85%)を市場予想通り、2カ月連続で据置き。先週15日、1年物MLF(中期貸出制度)金利 …

20年7月17日:米国株債券・為替・商品市場

7月16日の振り返りとインプリケーションです。図を使ってわかりやすく解説します。 Contents1 業績ガイドライン悪化⇒株軟調2 金利は小幅に低下⇒ここ最近材料あっても金利上がりずらい3 ドル円は …

20年7月31日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 株価は下落2 金利は低下3 ドル安トレンド継続4 原油・金ともに下落5 まとめ6 コロナに思う 株価は下落 S&P5 …

香港ドルのペッグ制の考察

現在、香港当局が4月に香港ドル売り介入を開始してからの総額は約50Billion香港ドル(約7000億円規模)になる。米ドルとの金利差(世界的な米ドル流動性供給により米ドル調達コスト低下⇒香港は短期市 …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒