投資

アジア債券為替今週の振り返りと来週の見通し:6月8日~12日

投稿日:2020年6月15日 更新日:

中国:10日の消費者物価指数は+2.4%と市場予想を下回る水準。輸出・入額ともに前年同期比マイナス、貿易収支は輸入額の減少幅が大きく、黒字幅が拡大。他方、当局が、銀行等がリスク性金融商品への投資を抑制するため短期金利を引き上げているとの見方もあり、国債利回りは上昇。人民元は米ドル安進行に対して横ばい推移。

インドネシア・フィリピン・インドは、対ドルで下落に転じ、インドネシアは中央銀行(BI)がルピア安への牽制する姿勢を示した。インドネシア国債の利回りも上昇に転じている。インドはコロナ感染者の増加が続いており、一段とルピーは弱含みやすい環境。

シンガポール・韓国は米金利低下と連動し、国債利回りは低下。為替は対ドルで横ばい。

唯一タイバーツは引き続き対米ドルで上昇。政府がロックダウンの緩和を発表し、日本・中国との観光交流の再開期待が高まっていることが背景。また、政策金利はすでに過去最低水準でこれ以上の引き下げが実質困難であることもバーツの底堅さを支えるが、中央銀行(BOT)はバーツ高牽制を今後していくものと考える。

今週は、中国15日の中期貸出制度(MLF)に注目。当局はローン金利の継続的な引き下げを目標にしていると思われ、引下げた場合は、国債利回りは低下すると考える。シンガポール・タイ・韓国は米金利低下にやや遅れて連動し、低下を見込む。対して、インドネシア・フィリピン・インド・マレーシアの金利は横ばい若しくはやや上昇を想定。アジア通貨はリスクセンチメントは回復せず、全般的に軟調予想。香港ドルは買い需要継続を想定するも、ペッグ制の信認は揺るがないと想定。

下げず。

-投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

20年7月26日時点の外債・為替ビュー

来週一週間の大まかな為替・債券の方向性を考えます。 Contents1 先週のカタリスト2 来週のカタリスト3 来週の米株は軟調推移を予想4 米金利はレンジ推移しているが、来週はFOMCに注目5 ドル …

20年6月16日:米株式と米国債利回りの位置をチェック

15日、アメリカ株(下図ローソクチャート)は、コロナ第2波懸念を背景にNY連銀景気指数は予想を上回ったものの、調整色継続。VIX指数(下図の青線)も足許上昇。20日移動平均線は、引き続き下向きである。 …

20年7月30日:米国株債券・為替・商品市場

昨日の値動きから今日の方向を考える材料を洗い出します。 Contents1 米株は上昇2 金利は小動き3 為替市場は思いのほか小動き4 原油も金も堅調5 まとめ 米株は上昇 S&P500は、前 …

20年7月6日:DayBack

中国本土株は6%程度の上昇(5日連続)となり、周辺アジア国の株式市場も上昇。PBOC(中国人民銀行)が資金吸収を行っている下での上昇はどれほど継続するか疑問ではある。中国国債10年も3%まで上昇し、1 …

アジア債券・為替今週の振り返りと来週の見通し:6月29日~7月3日

【中国】28日、5月工業利益は前年同期比+6%と前回迄のマイナス成長から回復。SOE(公営企業)経由での経済再開は進んでいる模様。30日、国家統計局が発表した製造業・非製造業購買担当者指数は市場予想を …

東京ベースの投資家です。為替・債券・マクロ経済・少し学術的なことをメイントピックとしています。小学生の塾・学習情報や旅行・料理・レストラン情報といった趣味についても書いています。

学生時代は中学受験大手塾で塾講師をやっていました。また、戦略コンサル・投資銀行でのインターンや金融実務経験があります。

あくまでも趣味でやっています。皆さんの参考になればうれしいです。

東京の国立大、米国MBA卒